在庫管理ソフト

在庫切れ・過剰在庫を防止!!
棚卸がいつでも簡単!!
シンプルで多機能の在庫管理ソフト!!

製品トップ

操作の流れ

印刷見本

動作環境

FAQ

製品比較

購入

かる

かるがるできる在庫

らく

在庫らくだプロ

特に注記がない場合、画面は「在庫らくだプロ」で説明しています。

操作の流れ 在庫管理(全3ステップ)

ステップ1

導入メニュー

かる

らく

新規データを作成後に表示される画面です。商品名を入力しながらの初期在庫の登録や、他のソフトで作成したCSVファイルのインポートを行うことができます。(導入の準備が終わりましたら「導入メニュー」は非表示にできます)

1.初期在庫

在庫を管理する商品などを、登録しながら在庫数の入力が行えます。

2.インポート

CSV形式で作成された台帳や、入出庫履歴のテキストファイルを取り込むことができます。
ほかのソフトウェアや表計算ソフトなどで作成していた資産(データ)を活用でき、便利です。

ステップ2

日常処理メニュー

かる

らく

在庫管理を実行する操作がすべてわかりやすいアイコンで表示されているので、迷うことなく作業を進められます。

1.お知らせ機能

製品に関する重要なお知らせや弊社からのお得な情報が、随時表示されます。

ステップ3

在庫確認画面

かる

らく

「在庫確認」画面では最新の在庫数を素早く確認でだけではなく、一覧から検索で品目を絞り込みをして選択し、入庫・出庫・廃棄など処理目的に応じた「アクション」ボタンをクリックするだけの簡単な操作で、処理内容を入力できます。

1.検索機能

強力で柔軟な検索機能で、品目の絞り込みも簡単です。

2.レイアウトの設定

表示項目・並び順・表示幅・文字サイズなども、細かくカスタマイズ可能。自分の必要な情報のみを表示することができます。

3.アクションボタン

一覧から処理対象の品目を選び、入庫・出庫・廃棄など処理目的に応じた「アクション」ボタンをクリックするだけの簡単な操作で、処理内容を入力できます。

在庫ソフトの便利な機能

単品分析

かる

らく

単品分析で、在庫数の推移を確認。集計機能と組み合わせて、在庫切れや過剰在庫を防ぎながら、適正な在庫数を維持できます。

※「かるがるできる在庫」は「入出庫履歴」のみ表示。

入出庫帳

かる

らく

入出庫記録を一覧形式で表示し、直接入出庫の記録を入力することが可能です。検索機能で相手先、商品別など多彩な検索で、必要な履歴を抽出することができます。入出庫帳には、伝票形式で入力された入庫、出庫などの履歴も表示され、直接、伝票を編集することもできます。

棚卸

かる

らく

在庫数を記入する「棚卸カウントリスト」を印刷したら、倉庫で実在庫数をカウント。棚卸の入力画面にカウントした結果を入力するだけで、最新の在庫数にデータが調整されます。棚卸処理は毎月・毎週・毎日、いつでも実施できますので、「日々の出庫は入力せずに、棚卸で出庫数を管理する」といった運用方法にも、柔軟に対応できます。さらに、バーコードリーダーを使用した棚卸や、CSVファイルをインポートすることでも、棚卸ができます。

1.棚卸入力画面

棚卸の入力画面にカウントした結果を入力するだけで、最新の在庫数にデータが調整されます。

2.バーコードリーダーでの棚卸

タッチ入力対応のタブレットPCとバーコードリーダーを利用して、素早い棚卸入力が可能!!

単価訂正

かる

らく

棚卸在庫高は「最終仕入原価法」で評価しています。入庫時に入力した各品目の仕入単価と在庫数を基に、棚卸在庫高を自動で集計しています。しかし、仕入単価が単価が変わった場合に、入庫履歴のすべてを単価訂正するのは大変です。単価訂正機能では、いつでも簡単に仕入単価を訂正できるので、棚卸在庫高を最新の状態で把握できます。

伝票一覧

かる

らく

入庫、出庫、廃棄など伝票形式で登録した各伝票は、「伝票一覧」画面で確認できます。検索機能で相手先、商品別など多彩な検索ができるので、目的の伝票がすばやく確認できます。
伝票の編集はもちろん、伝票の検索や一覧の印刷まで行うことができます。

発注計画

かる

らく

注文が必要な品目を素早く見つけ出し、発注内容をまとめた「発注計画書」を作成できます。「発注計画書」は印刷して発注担当者に渡したり、そのまま「注文書」形式で印刷したりできます。

1.発注点設定と在庫切れ警告

品目ごとに発注点を登録すると、在庫数が発注点を下回っている場合に、「在庫確認」画面で在庫数を赤字で表示し、発注の必要性を視覚的に知らせます。また、出庫時に在庫数を下回った場合は、「在庫切れ警告」画面を表示します。
さらに、すでに発注し入庫待ちになっている数量も表示するので、二重に発注をするといったミスも事前に回避することができます。

2.発注計画書の一括作成機能

「発注計画」画面で、発注量、仕入単価、発注先を一覧で入力し、[発注計画]ボタンをクリックするだけで、簡単に発注先ごとの発注計画書が作成できます。あとは、作成した発注計画書に、伝票番号など必要な情報を入力して発注計画書は完成です。
検索機能を使用して、発注点以下の品目のみ表示させたり、発注先を指定したりして、発注する品目を抽出すると、より簡単に発注計画書を作成できます。

3.発注内容の自動入力機能

あらかじめ品目に設定された発注量、仕入単価、発注先の発注内容を自動入力して、発注計画書を作成できます。
設定した発注量分の数量、または設定した発注点を上回るように発注量の倍数の数量を、一括で「発注計画」画面に自動で入力します。
その後、発注計画書の一括作成機能を使用して、発注計画書を作成します。

4.発注計画書の自動取込機能

発注計画書により発注した品目が納入された際の操作も簡単です。
「発注書自動取込」ウィザードで、発注計画書の内容をボタン操作1つで取り込みます。また複数回に分納された場合でも、入庫したものだけを選択して取り込めます。

発注計画書から入庫伝票へ転記する内容を選択します。すべての品目を一括で転記したり、分納がある場合に個別に転記したりすることもできます。

取り込んだ内容が、入庫伝票に自動で入力されます。

集計機能

かる

らく

在庫履歴と在庫数をもとに、何日分の在庫があるのかが分かる「適正在庫分析」、年単位で入出庫の動向がわかる「在庫推移表」など、様々な分析ができます。在庫の状況を分析し、無駄な在庫などを防いで、適正な在庫数を保つことができます。

1.適正在庫分析

商品の在庫日数を集計します。
設定した期間内での商品の出庫数の合計を集計し、1日あたりの平均出庫数を表示します。また平均出庫数から、現在の在庫の在庫切れまでの予測日数(在庫日数)も表示します。予測日数がリードタイム以下の場合、在庫日数を赤字で表示します。

2.商品分類別在庫数

設定した日付で、商品がどれだけ在庫を持っているかを商品分類別に確認できます。
検索条件を設定して、商品分類別の合計数を集計して確認することもできます。

3.商品別相手先入出庫

設定した期間で、商品別に相手先ごとの入庫数または出庫数を確認できます。
どの相手先によく出ている商品なのかを確認したり、商品がどの相手先からどれだけ入庫しているかなどを確認したりできます。

4.商品別保管場所在庫数

※「在庫らくだ」のみ

設定した日付で、商品がどの保管場所にどれだけ在庫を持っているか確認できます。
保管場所ごとの在庫数を確認して、保管場所間での商品の移動などを実施し、適切な在庫の管理を行います。

5.出庫ランキング

※「在庫らくだ」のみ

設定した期間で、商品の出庫数のランキングを集計します。
時期による出庫数変動や需要の増加を把握し、発注点の設定など、適正な在庫管理の計画に活用できます。構成比から重要な商品を把握して在庫切れが無いように発注計画を立てたり、在庫回転率で一定期間内にどれだけ在庫が入れ替わったか把握し、在庫管理の計画を立てることができます。

6.在庫推移表

設定した年で月ごとに、商品別の入庫数、出庫数、月末在庫数を集計して在庫の推移を確認できます。
商品の需要期の確認などに使用します。

7.商品別区分入出庫

設定した期間で、商品別に入庫、出庫、移動、廃棄などの区分ごとの入庫数と出庫数を集計します。
区分ごと確認することで在庫数の増減の原因を確認できます。

8.相手先別商品入出庫

設定した期間で、相手先別に商品ごとの入庫数または出庫数を確認できます。
どの相手先によく出ている商品なのか確認したり、どの相手先からよく仕入れているかを確認したりできます。

9.保管場所別商品在庫数

※「在庫らくだ」のみ

設定した日付で、保管場所別に商品の在庫を集計します。
保管場所ごとにどの商品がどれくらい在庫しているかを確認できます。保管場所の選択は検索条件で設定します。

台帳

かる

らく

各種台帳では、商品や相手先の登録などの操作を行うことができます。

1.商品台帳

登録された商品が、一覧形式で表示されます。
商品一覧は、自由な並べ替えも可能です。
商品の登録・編集はもちろん、商品の検索や一覧の印刷まで行うことができます。

2.相手先台帳

登録された相手先が、一覧形式で表示されます。
相手先を「仕入先」、「出庫先」で検索したりすることもできます。

3.保管場所台帳

※「在庫らくだ」のみ

複数の倉庫や棚など保管場所がある場合に、保管場所を管理できます。
保管場所をお気に入り登録すると、登録した保管場所だけの在庫数を集計したりすることができます。

4.タグ一覧

商品にタグを設定することによって、セット品など、様々な用途に合わせて、商品を簡単にグループ化して管理できます。

※かるがるできる在庫は最大20件まで管理可能。

設定画面

かる

らく

本製品では、入力画面の動作や印刷方法などの設定を細かく指定することができ、データファイルのバックアップ等のメンテナンスを行う機能も用意されています。各種の設定を行うための画面は、操作ごとに分類され設定内容が分かりやすくなっており、各設定項目にマウスのカーソルを合わせると、画面下に設定内容の説明文が表示されます。

1.自社設定

自社名や使用する機能の有効・無効の設定を行います。

2.データファイル

現在使用中のデータファイルの場所の表示や、旧バージョンからの移行、データファイルの切り替え、バックアップと復元、データの取り込みや出力、データの分離などの設定を行います。

3.パスワード

データファイルにパスワードを指定して、パスワードを知っている人以外はデータを使用できないようにします。

4.在庫切れ警告

出庫の際に、在庫が無くなった場合や、発注点以下の在庫数になった場合に警告を表示する設定ができます。

5.入力設定

在庫確認画面などの画面に表示する小数点の桁数と、小数点の端数処理の設定ができます。

6.随時マスタ登録

台帳ごとに随時マスタ登録機能の使用を設定します。

7.全般設定

メインメニューに表示される「お知らせ機能」などの設定を行います。

8.印刷設定

各種一覧表、各種集計・各種台帳の印刷で印字する項目の設定を行います。

9.印刷調整

印刷位置の調整などを行います。

10.その他の設定

製品の起動時と終了時の設定を行います。

10.データ保守

データファイルのバックアップや自動バックアップ機能の設定などを行います。クラウドストレージとの連携の設定も行います。

10.登録・サポート

各種のユーザーサポートのための機能を呼び出すことができます。

PDF版 操作画面集

オンライン版 操作画面集

在庫らくだプロ9
操作画面集はこちら

かるがるできる在庫9
操作画面集はこちら

BSLオンラインショップ

簡単・確実・安心のメーカ直販
多彩な業務ソフトと専用サプライ

ご購入ページへ移動