個人事業者専用 青色申告ソフト

65万控除を目指す方を応援する青色申告ソフト!
青色・白色・確定申告はおまかせ!!

製品トップ

操作の流れ

印刷見本

動作環境

FAQ

製品比較

購入

操作の流れ 記帳・帳簿管理(全4ステップ)

ステップ1

メインメニュー

「青色申告らくだ2019」の起動後に、最初に表示される画面です。
すべての操作はこのメインメニューから行います。行いたい操作がすべて分かりやすいアイコンで表示されているので、迷うことなく操作できます。

1.お知らせ機能

製品に関する重要なお知らせや弊社からのお得な情報が、随時表示されます。

ステップ2

帳簿選択

[日常簿記]タブにある各帳簿のアイコンをクリックすると、すでに登録されている科目が表示されます。

ステップ3

仕訳の入力

わかりやすい入力画面で簡単に帳簿をつけることができます。
手書きの帳簿とは違いパソコンならではの便利な機能が搭載されています。

1.随時マスタ登録

【科目登録・補助科目登録・摘要登録】

一般的な科目はあらかじめ登録されていますが、新しい科目を直接入力することによって、随時、マスタに登録できます。事前のマスタ登録が必要ありません。

2.入力補助機能

【簡易カレンダー】

日付を入力する欄では、視覚的に分かりやすい簡易カレンダーが用意されています。曜日を確認しながら日付を入力できます。

【簡易電卓】
金額を入力する欄では、視覚的に分かりやすい簡易電卓が用意されています。直接数値や演算式を入力できます。その他、括弧付き演算や消費税の計算も可能です。

3.検索キー入力

勘定科目や補助科目に「検索キー」を登録すると、「キー」となる言葉を入力するだけで、素早く目的の科目を検索できるので効率的に入力できます。

ステップ4

印刷・PDF出力

作成した帳簿は、いつでも印刷できます。
【印刷プレビュー】では、どのように印刷されるかを画面上で確認できます。あとは印刷を実行すれば、美しい帳簿の完成です!

1.PDF出力

仕訳帳、出納帳などの各帳簿、各種の台帳や集計表などをPDFファイルとして出力できます。オフィスのペーパーレス化に最適です。

青色申告ソフトの便利な機能

決算

本製品では、「所得税青色申告決算書」や白色申告で必要な「収支内訳書」や、確定申告時に必要な「所得税の確定申告書B」の作成が行えます。「損益計算書」、「月別売上仕入」、「減価償却費の計算」、「貸借対照表」は入力されたデータから自動的に取り込まれるので手計算する必要はありません。決算書は一般用、不動産用に対応します。
確定申告書は対応版プログラムを弊社のダウンロードサイトから無料ダウンロードすると作成できるようになります。

1.家事按分振替

事業用と個人用を共用している設備等の比率を設定します。設定した比率に基づいて家事按分仕訳が自動的に計算されます。

2.決算書

一般の決算書と同様のレイアウト画面(住所氏名・損益計算書など)で入力できます。各種帳簿に記帳された内容を集計して自動的に取り込み、決算書の多くの部分を自動的に作成できます。

3.確定申告

対応版プログラムでアップデートするとメニューが表示されます。確定申告書B形式と同様のレイアウト画面で、決算書の金額を取り込むことができます。

4.年度切替

次年度の帳簿入力を行う時に使用します。当期の会計データを集計し、次期に自動的に引き継ぎます。

集計表

本製品では、残高試算表や残高推移表など各種の集計表を自動で作成。任意の期間を指定して集計できるので、経営状況の分析に役立てられます。

1.残高試算表

棚卸の入力画面にカウントした結果を入力するだけで、最新の在庫数にデータが調整されます。

2.年間推移残高試算表

勘定科目の年間残高推移を月ごとに確認できます。

3.補助残高集計表

任意の月や期間を指定し、補助科目ごとの残高を集計することができます。

4.補助残高推移表

補助科目別の年間残高推移を月ごとに確認できます。

5.前期比較推移表

前年度と今年度の貸借や損益を比較することができます。

6.現預金明細表

指定した任意の期間での現金・預金科目の残高を確認できます。

7.税区分集計表

指定した任意の期間での仕訳の取引金額税または消費税額を税区分別に集計します。

固定資産台帳

本製品では、固定資産を登録して管理が行えます。登録した償却資産はそれぞれの償却方法によって償却金額が自動的に計算されます。また年度切替を行うと自動的に翌会計期に繰り越されます。

1.固定資産台帳(通常償却資産)

定額法・定率法で償却する通常償却資産を管理します。登録された資産は決算書の作成時に自動的に転記されます。

2.固定資産台帳(一括償却資産)

3年間で償却する20万未満の一括償却資産を管理します。登録された資産は決算書の作成時に自動的に転記されます。

3.減価償却費の計算

入力行数を超える減価償却資産がある場合に、別用紙として決算書に添付する「減価償却費の計算」を印刷できます。

4.不動産所得の収入の内訳

不動産所得用のデータを作成している場合に、不動産収入の内訳を管理できます。登録された資産は決算書の作成時に自動的に転記されます。入力行数を超える場合に、別用紙として決算書に添付する「不動産所得の収入の内訳」を印刷できます。

台帳

本製品では、各種台帳から残高の確認や、帳簿や科目、科目区分、付箋の編集や検索、印刷等の操作を行うことができます。

1.期首残高

当期における勘定科目ごとの期首残高を設定します。

2.科目台帳

勘定科目・補助科目の設定や、期首残高を入力します。

3.付箋台帳

最大10色の付箋メモの登録・編集・削除が行えます。付箋を利用した検索などに使えます。

4.摘要辞書

特定の勘定科目や補助科目に対する摘要の編集が行えます。

設定画面

本製品では、入力画面の動作や印刷方法などの設定を細かく指定することができ、データファイルのバックアップなどのメンテナンスを行う機能も搭載されています。各種の設定を行うための画面は、操作ごとに分類されて設定内容が分かりやすくなっており、各設定項目にマウスのカーソルを合わせると、画面下に設定内容の説明文が表示されます。

1.自社設定

事業所名や作成する決算書の種類の設定を行います。

2.データファイル

現在使用中のデータファイルの場所の表示や、旧バージョンからのデータ移行、データファイルの切り替え、バックアップと復元、データ出力などの操作を行います。

3.パスワード

データファイルにパスワードを設定して、パスワードを知っている人以外はデータを使用できないようにすることができます。

4.マイナンバー

確定申告書Bに記載する個人番号(マイナンバー)の使用の設定を行います。

5.消費税設定

消費税の処理全般に関する設定を行います。

6.帳簿設定

各帳簿の金額欄と貸借区分の設定を行います。

7.入出金伝票設定

入金伝票で入金先の勘定科目、および出金伝票で出金元になる勘定科目を設定します。

8.伝票番号設定

伝票に振る番号の付番方法を設定します。

9.印刷設定(帳簿)

帳簿の印刷に関する設定を行います。

10.印刷設定(全般)

帳簿以外の印刷に関する設定を行います。

11.全般設定

メインメニューに表示されるお知らせ機能の設定を行います。

12.印刷調整

印刷位置の調整や、Access互換モードでの印刷に関する設定を行います。

11.その他の設定

製品の起動時と終了時の設定や、キーボードの設定、消費税率の設定などを行います。

12.データ保守

データファイルのバックアップや自動バックアップ機能の設定などを行います。

13.登録・サポート

各種のユーザーサポートを受けるための機能を呼び出すことができます。

PDF版 操作画面集

オンライン版 操作画面集

青色申告らくだ2019
操作画面集はこちら

BSLオンラインショップ

簡単・確実・安心のメーカ直販
多彩な業務ソフトと専用サプライ

ご購入ページへ移動