以前のバージョンと比べ、以下の機能強化や改良が加えられています。

「かるがるできる給料20」

新しい保守サービスに対応

2019年5月から開始した新保守サービスに対応しました。
新保守サービスについてはこちら

確定拠出年金に対応

社員台帳等に確定拠出年金の金額設定欄が追加されました。それに伴い、「社員個人別情報」や「社会保険・労働保険情報詳細」のレポートにも確定拠出年金欄を追加しました。また、給与・賞与明細書で新たに「確定拠出年金」属性を追加し、この属性を持つ項目に社員台帳の確定拠出年金額を自動転記するようになりました。

異なる用紙での重複発行の防止機能を追加

同月に指定した社員の作成済み明細がある場合、異なる用紙の場合でも重複を知らせる警告メッセージを表示し、重複発行を防止する機能を搭載しました。

Windows 10 バージョン1903に対応

Windows10 バージョン1903に対応しました。

その他の機能強化

  • 電卓が複数税率に対応しました。
  • 協会けんぽの場合でも、健康保険料を金額指定できるようになりました。(健康保険料、厚生年金保険料を手入力で登録可能)
  • 社員台帳の基礎情報タブに、給与体系を表示するようになりました。
  • 社員台帳から、直接「扶養親族等詳細」画面を表示できるようになりました。
  • 「設定」画面で各種時間外割増率を変更した際、社員台帳の割増率を変更できる機能を追加しました。

「給料らくだ20普及版」

新保守サービスに対応

2019年5月から開始した新保守サービスに対応しました。
新保守サービスについてはこちら

確定拠出年金に対応

社員台帳等に確定拠出年金の金額設定欄が追加されました。それに伴い、「社員個人別情報」や「社会保険・労働保険情報詳細」のレポートにも確定拠出年金欄を追加しました。また、給与・賞与明細書で新たに「確定拠出年金」属性を追加し、この属性を持つ項目に社員台帳の確定拠出年金額を自動転記するようになりました。

異なる用紙での重複発行の防止機能を追加

同月に指定した社員の作成済み明細がある場合、異なる用紙の場合でも重複を知らせる警告メッセージを表示し、重複発行を防止する機能を搭載しました。

Windows 10 バージョン1903に対応

Windows10 バージョン1903に対応しました。

その他の機能強化

  • 電卓が複数税率に対応しました。
  • 協会けんぽの場合でも、健康保険料を金額指定できるようになりました。(健康保険料、厚生年金保険料を手入力で登録可能)
  • 社員台帳の基礎情報タブに、給与体系を表示するようになりました。
  • 社員台帳から、直接「扶養親族等詳細」画面を表示できるようになりました。
  • 「設定」画面で各種時間外割増率を変更した際、社員台帳の割増率を変更できる機能を追加しました。
  • 振込依頼書の明細取込時に、社員情報と合わせて登録されている振込先銀行名・支店名を表示するようになりました。

Windows 10 バージョン1903に対応

Windows10 バージョン1903に対応しました。

「給料らくだプロ20」

新保守サービスに対応

2019年5月から開始した新保守サービスに対応しました。
新保守サービスについてはこちら

確定拠出年金に対応

社員台帳等に確定拠出年金の金額設定欄が追加されました。それに伴い、「社員個人別情報」や「社会保険・労働保険情報詳細」のレポートにも確定拠出年金欄を追加しました。また、給与・賞与明細書で新たに「確定拠出年金」属性を追加し、この属性を持つ項目に社員台帳の確定拠出年金額を自動転記するようになりました。さらに年末調整時には、「確定拠出年金」属性の金額は、小規模共済控除の欄に自動転記します。

異なる用紙での重複発行の防止機能を追加

同月に指定した社員の作成済み明細がある場合、異なる用紙の場合でも重複を知らせる警告メッセージを表示し、重複発行を防止する機能を搭載しました。

Windows 10 バージョン1903に対応

Windows10 バージョン1903に対応しました。

その他の機能強化

  • 電卓が複数税率に対応しました。
  • 協会けんぽの場合でも、健康保険料を金額指定できるようになりました。(健康保険料、厚生年金保険料を手入力で登録可能)
  • 社員台帳の基礎情報タブに、給与体系を表示するようになりました。
  • 社員台帳から、直接「扶養親族等詳細」画面を表示できるようになりました。
  • 「設定」画面で各種時間外割増率を変更した際、社員台帳の割増率を変更できる機能を追加しました。
  • 振込依頼書の明細取込時に、社員情報と合わせて登録されている振込先銀行名・支店名を表示するようになりました。
  • 源泉徴収票で、前職の収入・税額・社会保険料を入力すると、摘要欄に記載すべき内容をメッセージで表示するようになりました。