以前のバージョンと比べ、以下の機能強化や改良が加えられています。

令和元年分の申告に対応

2019年分(令和元年分)の記帳および決算・申告処理に対応します。(別途提供される「対応版プログラム」のダウンロードが必要です)

軽減税率対象品目の印字に対応

帳簿の印刷時に軽減税率の対象品目の場合、簿外に指定の文字列を印刷する機能を追加しました。

電卓の複数税率に対応

電卓画面に「税率1」「税率2」の2つの設定欄を設け、10%と8%など複数の税率を設定できるよう改良しました。

同一科目名の重複登録を禁止

以前のバージョンまでは、同一の勘定科目名や補助科目名を登録できていた仕様を、重複登録を禁止するように変更し、重複登録時に警告メッセージを表示するにしました。

年度切替

画面の表記を、「現在の会計期間とその前後1年」と表示するように変更しました。

新保守サービスに対応

2019年5月から開始した新保守サービスに対応しました。
新保守サービスについてはこちら

Windows 10 バージョン1903に対応

Windows 10 バージョン1903に対応しました。