算定基礎届・月額変更届の様式変更への対応について
 
「給料らくだ8.5」
 
日頃より弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、年金の手続においてマイナンバー(個人番号)による届出・申請の開始に伴い、様式が変更されることとなりました。
変更内容等と弊社製品の対応について、下記のとおりご案内申し上げます。
 
 変更内容
平成30年3月5日から使用する、健康保険・厚生年金保険適用関係届書・申請書の各様式において、様式のA4縦版化・複数の様式の統合などの変更が行われました。
 
様式変更の詳細については、日本年金機構の以下のページをご覧ください。
 
>>マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更について
 
>>健康保険・厚生年金保険適用関係届書・申請書一覧
 
※当面の間は旧様式での届出も可能とされていますが、詳細は最寄りの提出窓口までお問い合わせください。
 弊社製品の対応について
弊社では、「給料らくだ8.5」シリーズにおいて、新しい様式への対応版プログラムをご用意いたします。
対応版プログラムでは、定時決定のための「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届」、および随時改定の「健康保険・厚生年金保険 穂保険者報酬月額変更届」の2つの用紙について、A4普通紙(白紙のコピー用紙等)とHISAGOの専用用紙(OP311・OP312・OP939・OP940)の、変更された新しい様式での印刷に対応いたします。
なお、様式のA4版化に伴い、従来の「B5普通紙」への印刷機能は廃止されます。また、各様式には厚生年金保険の「70歳以上被用者算定基礎届」および「70歳以上被用者月額変更届」の様式が統合されましたが、これらの届出用途には対応しません。(70歳以上被用者のマイナンバー印刷機能等は搭載されません)ご了承ください。
 
●「保守サービス」期間中のお客様
2018年4月時点で「無償保守サービス」、「年間保守サービス」のサービス期間中のお客様には、「対応版プログラム」を2018年4月23日より無償でダウンロード提供しております。更新プログラムをダウンロードして製品を更新してください。更新方法につきましては、以下のページをご覧ください。
 
現在使用中の製品を、最新のプログラムに更新(アップデート)するにはどうすれば良いですか?
 
●「年間保守サービス(ダブル保守,トリプル保守)」の期間中のお客様
2018年4月時点で「年間保守サービス(ダブル保守,トリプル保守)」のサービス期間中のお客様には、上記のダウンロードによるご提供に加えて、「対応版プログラム」のCD-ROMをお送りいたします。(2018年5月および6月からサービス期間が開始となるお客様も送付対象となります)「対応版プログラム」のCD-ROMは、2018年5月中旬頃に発送開始の予定です。到着まで今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。
 
●「保守サービス」の期間が終了しているお客様
2018年3月以前に「保守サービス」の期間が終了しているお客様は、ぜひともこの機会に「保守サービス」をお申し込みください。メインメニューの[サポート]タブ内にある、[アップデート]アイコンをクリックして表示される画面からお進みいただきますと、「保守サービス」の申し込み手続きが行えます。「保守サービス」の提供が開始となりました後に、お申し込みのサービス内容に応じて、上記の方法で「対応版プログラム」をご提供させていただきます。
 ご案内
●保守サービスの確認方法
「給料らくだ8.5」シリーズのメインメニューの[サポート]タブ内にある、[アップデート]アイコンをクリックして表示される画面にて、お客様の「保守サービス期限」をご確認いただけます。
 
●その他の発売終了となっている旧バージョンの製品をご使用のお客様
「給料らくだ」シリーズの旧バージョン(発売終了製品)をご使用のお客様は、最新製品「給料らくだ8.5」シリーズへのバージョンアップにより、今改定への対応を含め、所得税・社会保険など最新の各種改正等に対応いたします。バージョンアップのお申し込み方法につきましては、下記のページでご確認ください。
 
旧バージョンを使用していますが、バージョンアップするにはどうしたらよいですか?
 
2018.4.23